女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

出産後の抜け毛はいつからいつまで?、治る?、原因とヘアケア

      2018/01/19

gk-3

 管理人も経験しましたが、「産後脱毛症」とか「分娩後脱毛症」と呼ばれる脱毛症があります。一般には産後抜け毛と呼ばれ、出産後に抜け毛が酷くなる脱毛症で、経産婦の7割が経験しているというデータもあるほど、実は多くの人が悩んでいます。

 産後の抜け毛はいつからいつまで続くのか?、その原因は?、そしてヘアケアはどうすれば良いのでしょうか?。

出産後の抜け毛はいつから

 産後抜け毛、と言うからには当然子供を産んだ後です。と言っても、出産直後から始まるわけではありません。個人差もあり、中には出産直後から抜け毛がひどいと言う人もいるそうです。でも、だいたい出産後2~3ヶ月くらいから抜け毛が目立ってくる人が多いようです。

出産後の抜け毛はいつまで?

 出産後の抜け毛最大の原因がホルモンバランスの乱れであることは判りましたが、では、抜け毛はいつまで続くのでしょうか?。まさか一生このまま?・・・・、と言うことはありませんのでご安心を。

 髪の毛は

 ・生えて成長する「成長期(2~6年)」
 ・成長が止まる「退行期(2~3週間)」
 ・抜ける「休止期(2~3ヶ月)」

 と言う3つのサイクルを繰り返しています。出産後にホルモンバランスの乱れから一気に髪の毛が抜け落ち、休止期に入ることから、一時的に薄毛の状態が続きます。しかし、休止期(2~3ヶ月)が過ぎれば自然と回復し、ヘアサイクルが元に戻ることで髪の毛の量も元に戻ります。

 元に戻るまでの期間は個人差があります。でも、通常は産後6ヶ月から1年程度で回復すると言われています。ただし、高齢出産の場合や睡眠不足、栄養状態によっては回復が遅れることがあります。
 

ピーク

 抜け毛のピークは、抜け毛が始まってから3~4ヶ月目くらいが一番多いと言われます。

出産後の抜け毛の原因

 出産後の抜け毛の原因は一つではありませんし、人によっても違いますが、一般的に最も多く、出産後抜け毛特有の理由としてあげられるのが「ホルモンバランスの乱れ」です。
 

ホルモンバランス

 ホルモン、特に女性ホルモンの影響を受けます。女性ホルモンには月経~排卵までに分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、排卵後から分泌量が増える「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があり、通常この2つが交互に優位な働きを繰り返しています。そしてこの女性ホルモン、髪の毛の成長を促し、その寿命を延ばす作用があります。

 しかし、妊娠中はこの2つのホルモンの分泌量が増加。髪の毛や体毛が増えて毛深くなる妊婦さんもいるほどです。しかし、出産後にそのバランスを元に戻すため、分泌量が急速に減少します。この時、急激にホルモン量が変化することで体に様々な影響が出てしまうのですが、抜け毛の増加もその1つです。

 出産後のホルモンバランスの乱れは誰にでも起こることで、避けられませんが、これを更に悪化させる要素が「骨盤の歪み」、「ストレス」、「ダイエット」です。
 

骨盤のゆがみ

 出産すると骨盤が広がり、ゆるみます。これがそのまま固定されてしまうと、骨盤が歪んで子宮を圧迫。すると、子宮への血流が妨げられ、卵巣の働きが低下します。その結果、卵巣で作られるエストロゲンが減少、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

スポンサードリンク

 

ストレス

 出産後は子育て、と言う大変な仕事が待っています。特に初めての出産では不安も大きく、夜泣きなどで睡眠不足になることも珍しくないため大きなストレスを受けます。

 実は女性ホルモンはストレスに弱く、ストレスを受けることで分泌量が減少してしまうのです。

 また、ストレスを受けると、これに対抗するため人体は普段より多くの栄養素を消費するため、栄養不足が起きて髪の毛に栄養が回らなくなります。

 さらに、ストレスによって自律神経が乱され、血流が悪化することも抜け毛の原因になります。

 ストレスと抜け毛について詳しくは、「女性の抜け毛・薄毛とストレスの関係」をご覧下さい。
 

ダイエット

 出産後に、増えた体重を落とそうとしてダイエットする女性は多いのですが、このダイエットも女性ホルモンにはよくありません。

 食事量を極端に減らしたり、特定の物しか食べなかったり、1ヶ月で体重を5%以上減らすような過激なダイエットは避けましょう。体調を崩したり、女性ホルモンの材料が不足したり、そしてダイエット自体がストレス源となって益々女性ホルモンが減少してしまいます。

 ダイエットと抜け毛について詳しくは、「ダイエットで抜け毛、薄毛になる理由と対策」をご覧下さい。

出産後抜け毛は治る?

 上で書いたように、通常半年から1年程度で出産後抜け毛は治ります。ただ、「約4割が一年以内に回復していない」という調査結果もあるそうです。もし、1年以上経過して元に戻らない場合、一度医療機関を受診して調べて貰いましょう。

産後抜け毛のヘアケア

 出産後の抜け毛は一種の生理現象です。時間の経過と共に回復しますので、あまり深刻になる必要はありません。逆に、気にしすぎると、それがストレス源になって抜け毛を悪化させてしまいかねません。

 とは言っても、女性に対して抜け毛や薄毛を気にするな、と言うのも無理な話。まずは、生活習慣を見直し、抜け毛を悪化させる要因を排除して行きましょう。ポイントは

 ・食事
 ・睡眠
 ・ストレス

 の3つの生活習慣です。

 食事は1日3回規則正しく、タンパク質、ミネラル、ビタミン類を意識的に摂るようにします。特に髪の毛を構成するケラチンには、たんぱく質と亜鉛が必要です。

 そして、1日最低6時間以上の規則正しい睡眠を心がけましょう。

 また、適度に休息をとり、時には育児から離れてストレスを溜め込まないようにする事も大切です。

 それでも、回復するまで時間がかかりますので、一時的にウィッグで隠すと言う手もあります。
 

パーマ、カラー

 生活習慣以外で気をつけることとして、パーマとヘアカラーがあります。いずれも頭皮に負担をかけるため、妊娠中や出産直後は控えた方が良いでしょう。特に、抜け毛がひどい場合はそうです。いっそう悪化させる恐れがあります。

 パーマやヘアカラーと抜け毛について詳しくは「産後も注意、パーマとヘアカラー、白髪染めで抜け毛・薄毛に?」ご覧下さい。
 

紫外線

 もう一つが紫外線。特に夏場は、頭皮に直接紫外線が当たらないように注意して下さい。髪の毛が薄くなっていると、紫外線が直接頭皮に当たり、こちらも抜け毛を悪化させる恐れがあります。

 紫外線と抜け毛について詳しくは、「頭皮に紫外線を浴びると抜け毛や薄毛になる?」を。

まとめ

産後抜け毛の原因は
・ホルモンバランスの乱れ
・骨盤の歪み
・ストレス
・ダイエット
など

・産後抜け毛は通常半年から1年程度で治る
・対策は食生活や睡眠などの生活習慣、紫外線対策
・パーマやカラーは控えた方が良い

産後抜け毛参考サイト:マイナビウーマン

スポンサードリンク

 - 脱毛症の種類 ,