女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

細くなった髪を太くする、ボリュームアップの方法とは?

      2019/06/09

 管理人のyuriです。髪の毛が抜ける「抜け毛」も困りますが、髪の毛が細くなるのも、ボリュームが低下してしまうので困りますね。

 特に抜け毛が酷くなったわけでも無いのに、いつの間にか髪の毛のボリュームが無くなってスカスカな感じになると、老けて見えてしまいます。

 しかも、抜け毛は増えれば気がつきます(シャンプーやブラシの時)が、少しずつ細くなっていくと変化に気づきにくく、すっかりボリュームが落ちてペチャンコになった時初めて気がつく。その分、抜け毛より対処が遅れてしまうのも怖いところです。

スポンサードリンク

髪の毛が細くなる理由

 髪の毛が細くなるのにはそれなりの理由があり、理由にあった対処をすれば元通り太くすることは不可能ではありません。まずは細くなった理由を知ることからです。
 

栄養不足

 偏食やダイエットなどで必要な栄養が不足すると、髪の毛の成長に悪影響が出て細くなります。そして、栄養不足が続くとストレス耐性が低くなります。

 ご飯類や麺類が好きで、炭水化物ばかりの食事になっていたり、肉類や揚げ物を大量に食べる。または、総菜パンや菓子類ばかり食べて主食がおろそかになっていると、必要な栄養が不足します。

 また、ダイエットも当然栄養不足を起こす原因です。
 

睡眠不足

 睡眠は栄養と共に、細胞の成長に欠かせません。人体は睡眠中に分泌する成長ホルモンによって細胞の修復や成長が行われるからです。「睡眠不足は肌の大敵」と言われるのはその為です。

 しかも、只眠れば良いというわけでは無く、質の高い深い眠りの時に成長ホルモンはより多く分泌されるので、夜更かしをしたり睡眠障害を起こしていると分泌が減少します。
 

喫煙

 タバコが及ぼす健康への悪影響は数えきれません。

 タバコに含まれる有害物質を分解処理するために、ビタミンCやビタミンB群が大量に消費されることで必要な栄養が不足。
 更には

 ・ホルモンバランスを乱し
 ・血管を収縮させて血行を悪化
 ・血液が酸素を運ぶ能力を低下
 ・肝臓で作られる筈の髪の毛の材料が不足
 ・自律神経を乱す

 等の弊害があります。詳しいことは、「女性の抜け毛・薄毛はタバコのせいかもしれません」をご覧下さい。
 

過度な飲酒

 適度な飲酒はストレスの解消に役立ちますし、血行を促進する働きもあります。しかし、過度な飲酒は肝臓に負担をかけ、アルコールの処理のために髪の毛の材料を消費します。また、睡眠の質も悪化させます。
 

ストレス

 ストレスは体に様々な変調をきたします。

 ストレスに対処するためビタミンCやミネラルを消費して栄養不足を起こしたり、ストレス解消のために煙草や酒の摂取量が増えたり、ホルモンバランスや自律神経を乱す原因となり、睡眠障害を引き起こすこともあります。
 

ヘアサイクルの乱れ

 髪の毛は

 ・成長期
 ・退行期
 ・休止期

 と言う周期を繰り返し、これをヘアサイクルと言います。女性の場合4~6年間の成長期で成長し、退行期(2~3週間)に入って成長が終了、そして生えていても成長はしない休止期が2~3カ月間続いた後に抜け落ち、新しい髪の毛が生えて成長期が始まるのです。

 しかし、ヘアサイクルの乱れによって、通常4~6年ある成長期が短くなります。すると何が起きるか?、と言うと、当然成長する期間が短くなるのですから、髪の毛の成長が十分に行えずに退行期や休止期へと移行。その結果、正常な髪の毛と比べて細くて短い髪の毛が増えて、ボリュームが無くなってしまうのです。

 ヘアサイクルを乱す要因は、これまで上げた加齢や栄養不足、睡眠不足、ストレス、喫煙などの全てです。
 

頭皮環境の悪化

 肌に合わないシャンプーを使っていたり、洗浄力の強すぎるシャンプーで皮脂を落としすぎたり、紫外線の影響によって頭皮の状態が悪化すると髪の毛の成長に悪影響が出て細くなります。

 また、睡眠や食事、喫煙も頭皮環境に影響を与えます。頭皮が硬い場合、赤くなっている場合、そして乾燥している場合も要注意です。

 頭皮環境について詳しくは、「頭皮環境を整えるための、チェック方法と改善方法」をご覧下さい。
 

髪の毛へのダメージ

 パーマやカラーなどは髪の毛に負担を与えます。これを長い間繰り返していると、髪の毛が細くなる事があります。

 パーマやカラーと髪の毛について詳しくは、「産後も注意、パーマとヘアカラー、白髪染めで抜け毛・薄毛に?」をご覧下さい。
 

加齢

 加齢は、髪の毛が細くなる原因の中でも、特に大きな原因です。女性の場合、個人差もありますが、髪の毛の太さは大体30歳前後がピークになり、その後加齢と共に細くなっていきます。

 また、閉経後のホルモンバランスの乱れも、髪の毛が細くなる原因です。

髪の毛を太くする方法

 髪の毛が細くなる理由は

 ・栄養不足
 ・睡眠不足
 ・喫煙
 ・過度な飲酒
 ・ストレス
 ・ヘアサイクルの乱れ
 ・頭皮環境の悪化
 ・髪の毛へのダメージ
 ・加齢

 と書きました。加齢を除けば、殆ど生活習慣に関するものです。そのため、太くて健康な髪の毛を作る方法も、生活習慣の改善が中心になります。思い当たる生活習慣があったら、改善していきましょう。
 

バランスのとれた食生活

 3食バランスのとれた食生活を心がけて下さい。健康な髪の毛を育てるためには、特定の栄養素だけでは無く、タンパク質、ビタミン、ミネラル全てが必要です。
 

1日6時間以上の睡眠

 1日最低6時間以上の睡眠が必要です。また、睡眠の質を悪化させないために、就寝2時間以内の飲食、6時間以内のカフェインの摂取を控えて下さい。

 また、スマホやパソコンの画面から出る光も睡眠の質を悪化させます。就寝前2時以内はスマホやパソコンの使用は控えましょう。
 

禁煙

 煙草は百害あって一利無し。禁煙に取り組みましょう。
 

適度な飲酒

 ”記憶をなくすまで飲む”ような過度な飲酒は控えて、適量を心がけましょう。また、アルコールの分解に必要なタンパク質やビタミンB群を含む食べ物を一緒にとる事を心がけて下さい。
 

ストレスの解消

 ストレスを全く受けない生活というのはあり得ません。自分なりのストレス解消法を用意し、バランスのとれた食事でストレス耐性の高い体を作ることです。
 

頭皮環境の改善

 食事や睡眠、喫煙など、生活習慣の改善が基本。その上で育毛シャンプーや育毛剤を使うと、より効果的です。

 ただし、頭皮に湿疹があったり炎症を起こしていたら、まず皮膚科を受診して下さい。
 パーマやカラーを控える
 もし長い間パーマやカラーを繰り返し、髪の毛が細くなる、または切れやすくなると言ったことが起きていたら、一旦パーマやカラーは控えた方が良いでしょう。
 

加齢の場合

 加齢の場合、完全に若い頃の状態に戻すことは難しいですが、生活習慣や頭皮環境の改善によってある程度改善できますし、薄毛の進行を遅らせることも出来ます。

 更年期障害などの症状がある場合、その対策も必要です。
 

ヘアケア

 生活臭改善が出来たら、その上で育毛シャンプーや育毛剤によるヘアケアを。女性の場合は女性専用の製品を選びましょう。

まとめ

 髪の毛が細くなる原因は
 ・栄養不足
 ・睡眠不足
 ・喫煙
 ・過度な飲酒
 ・ストレス
 ・ヘアサイクルの乱れ
 ・頭皮環境の悪化
 ・髪の毛へのダメージ
 ・加齢

管理人yuri 改善方法は、原因となる生活習慣の改善が基本。その上で育毛シャンプーや育毛剤を使用すると、より効果的です。

 育毛剤だサプリメントだと言う前に、まず生活習慣を見直しましょう。いくら育毛剤やサプリメントを使っても、生活習慣が乱れたままでは効果は期待できません。

スポンサードリンク

 - その他