女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

仕事と遊びで睡眠時間が不足、円形脱毛症に

      2018/04/15

 私は20代でメーカーの営業職をしていますが、就職して2年が経とうとしていた2月頃から仕事が忙しくなりはじめ、休日返上でバリバリと働いていました。任されることも多くなり多忙でしたが、そこまで大きなストレスを感じているわけでもなく毎日をこなしていました。

スポンサードリンク

 春は出会いと別れの季節と言いますが、そのころ新しいご縁や友人がたくさん増えたことで、私の睡眠時間は一気に減っていきました。だって仕事だけで自由な時間がなくなってしまうのは絶対にいやだったから・・・。仕事に遊びに忙しくしてはしていても、無理をしているという感覚はありませんでした(若いということもあるし!)。

 そのころの私は、朝9時から20時まで働き、そのあと夜の街に繰り出し終電まで遊び、2時や3時に寝て、朝7時に起き仕事へ向かうというサイクルを続けていました。調子のいい時は朝まで起きていることも多々(汗。1日28時間ならいいのに!と自分では充実の日々。そして、「仕事と遊びを両立させようとするかわりに睡眠時間を削る」という生活が3ヶ月ほど続いていたさなか、違和感を覚えはじめたのは5月頃でした。髪を洗った後のお風呂の床やドライヤー後の足元を見ると、なんだか抜け毛が多いような気がする・・・と。

 最初は「季節の変わり目は抜け毛が多くなるよ~」と聞いたことがあるような、ないような(?)と気楽に考えていまいした。しかし何週間か経っても抜け毛が減ることはなく、むしろ多くなっている?。だんだん不安になってきた私は、恐る恐る髪をかき分けて鏡で自分の頭をのぞいてみました。するとなんと!こめかみあたりにクレーターのような無毛地帯が!!(泣。不安的中。ショックでしばらく放心。少し泣いてまた放心。

スポンサードリンク

 放心していても仕方がないので、翌日皮膚科に行って塗り薬と服薬をもらって帰りました。お医者さんからは「規則正しい生活を心がけてください」と・・・。心当たりがあるだけに、このよく聞くフレーズにもかなりの重みがあります。

 鏡をみた後は、私は病気なのではないか?それとも何かのアレルギーなのか?といろいろな考えが頭をよぎりましたが、髪が抜けること以外には何の症状も起こっていません。

 自分が無理をしているつもりがなくても、体はきちんとサインを出してくれている。このままの生活を続けているときっともっと重篤な病気になっていたかもしれないと思うと、すごくショックでしたが、今では気付かせてもらったことに感謝しています。

管理人yuri クレーターのような無毛地帯、って円形脱毛症ですね。私も覚えがありますけど、若い頃は無理が利くので、つい無茶をしてしまうんですよね。

 睡眠不足は美容の大敵。髪の毛は勿論のこと、肌にも影響が出ます。円形脱毛症が出るくらいなら、肌荒れも起きているんじゃないでしょうか?。1日最低6時間は眠るようにして下さい。

 睡眠と抜け毛について詳しくは、「女性の抜け毛や薄毛にとって睡眠不足は大敵」をご覧下さい。

スポンサードリンク

 - 20代