女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

分目の薄さが気になって、大豆食品を食べ続けて1年

      2017/10/09

 42歳のパート主婦です。アラフォーになり、ブラッシングすると抜け毛が増え、リビングを掃除していると自分の髪の毛がかなり抜けているのがわかったので、対策することにしました。

 特に分け目部分が薄くなってきたのがわかり、かなり抜け毛が増えたのでなんとかせねばと思いイソフラボンは効果があると知ったので積極的に大豆食品を摂ることにしました。

 お昼はお弁当をパート先へ持って行きますが、ついでに豆乳を飲むようになりました。大豆食品は必ず朝昼晩と3食食べるようにしたり、豆乳ヨーグルトなどイソフラボンを積極的に食事に取り入れることにしました。

 自宅では納豆食品を食べる生活を3ヶ月間続けたのですが、髪の毛は特に変化もなく、抜け毛部分は薄いままでした。お肌は少しツルツルになりましたが、イソフラボンを積極的にとっても抜け毛には変化がないことがわかりました。その後半年間続けてみましたが、結局イソフラボン効果はあまり感じず、抜け毛に変化はなかったです。

 アラフォー世代は女性ホルモンバランスが崩れますし、抜け毛も増えるのでイソフラボンでを積極的に長期間取り入れたることにしました。まず1年間は食べてみようと思い、毎日の食事に味噌汁、納豆、豆乳、厚揚げの煮物など色々と食事の中に大豆食品を摂ることにしました。

 豆乳もコーヒー味や様々な味が出ているので、普通の豆乳以外でコーヒー、紅茶など色んな豆乳を買って毎日飲むようにしました。味が色々楽しめるので、楽しみながら豆乳をアレンジしてみました。美味しいので飽きることなく毎日、色々と飲むことにしました。

 他はソイミートを使って肉代わりに使うなど、アレンジすることにしました。料理するときもソイミートを使って大豆食品を使うようにしたので、ヘルシーな食事になり家族全員、体調もよくなり健康的な食事ができるようになったので、快適に過ごせるようになりました。

 そうして1年ほど大豆食品を積極的に摂取するようにしてイソフラボンを取り入れたましたが、分け目部分の抜け毛が減る傾向もなく、イソフラボンは抜け毛に対しては余り効果は無いのだと実感しました。

 肌はツルツルになりましたが、抜け毛にはあまり効果はなく、イソフラボンは効果が無いのかなあと、ちょっとショックでした。1年ほど続けても抜け毛がへることはなかったので大豆食品を摂るだけでは無理だと実感しました。

管理人yuri 1年間大豆食品中心の食生活とは、中々頑張りましたね。でも、抜け毛には効果を実感できなかった、と。

 実は、イソフラボンと言うのは効果がある場合と無い場合があります。詳しくは、「女性の抜け毛・薄毛にイソフラボンは効果ある?」をご覧下さい。

スポンサードリンク

 - 40代 ,