女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

45歳くらいから次第に猫っ毛に

   

 私は55歳のフォトジャーナリストです。子供の頃から髪の毛が太くて、量も多くて、なかなかまとまらないような髪の毛だったのですが、45歳くらいからだんだんと髪の毛が柔らかくなっていって、猫っ毛になってしまいました。

 もともとが太い毛だったので、それが嫌で、若い頃は髪の毛をストレートに伸ばすのが大変で、猫っ毛の友達の髪の毛が羨ましかったのですが、友達に言わせると、猫っ毛は猫っ毛で大変なのよ、ということでしたが、その頃はそれがどういう意味なのかわかりませんでした。

 徐々に髪の毛が細くなっていって、ある程度細くなったら、普通の髪になったかな?と思っていたのですが、そのまま髪の毛の1本1本が細くなってふにゃふにゃになっていったのです。

 シャンプーをしていてもボリューム不足を感じるようになりましたし、ドライヤーでブロードライをしていると、髪の毛がふわっと浮き上がるような感じになってまとまりがつかなくなってしまったのです。いつの間にか猫っ毛になってしまっていたのです。それで、以前はかけていた縮毛矯正ストレートパーマもかけなくて良くなりました。良くなったというか、かけられなくなってしまったのです。髪の毛が細すぎて、髪が傷むので縮毛矯正ストレートパーマはかけられないということを美容師さんから言われました。

 今は白髪染めだけしていますが、頭がホワンとした感じになって、なかなかスタイルが決まらないのです。そのくせに変なカールが出て前髪などはフニフニとなってまとまりがつかないのです。風が吹くと、髪の毛がふわっとなってせっかくしたスタイリングが台無しになってしまいます。

 そうなると、剛毛だった頃の自分の髪の毛が懐かしくなります。シャンプーとコンディショナーにハリコシが出るタイプのものを使っていますが、それほど違いを感じません。でも、使わないよりはいいのではないかと思って使っています。

 やはり加齢が原因で髪の毛の質が変わってしまったようで、加齢にはストップがききません。ハゲなければいいけどな、と思っているくらいで、猫っ毛になって頭皮が透けて見えるようになって、ちょっとがっかりしているのです。食生活も影響しているのかもしれませんが、このままでこれ以上猫っ毛にならなければいいけれども、と思っています。若い頃の元気な髪の毛が懐かしく、縮毛矯正ストレートパーマをかけていた頃がよかったな、と今になると思うようになりました。

管理人yuri 40代でそんなに髪質が変わると言う事は、これまでの生活習慣に問題があった可能性が高いと思われます。食生活に思い当たる節があるようなので、まずそこから改善してみましょう。

 猫っ毛について詳しくは、「猫っ毛の女性は薄毛やハゲになる?、改善するには」も参考にして下さい。

スポンサードリンク

 - 40代