女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

睡眠薬の副作用で抜け毛が増える?

      2018/02/22

睡眠薬が抜け毛の原因?

 管理人が抜け毛や薄毛について色々と調べていた頃、少数ではありますが「睡眠薬を飲んでから抜け毛が増えた」とか「薄毛になった」と言う話をネット上で見つけました。

 管理人は睡眠薬というものを飲んだことがありませんが、睡眠薬には髪の毛に影響するような副作用でもあるのでしょうか?。

 今睡眠薬を服用している方、ドキッとしたかも知れません。でも安心して下さい。結論から言うと、睡眠薬が原因で抜け毛が増えたりすることは考えられません

 では、何故「睡眠薬で抜け毛が増えた」と感じる人がいるのでしょうか?。

抜け毛増える原因

 睡眠薬には幾つかの副作用があります。代表的なのは

・依存症
・離脱症状(禁断症状)
・うつ病
・健忘
・ふらつき

 これら以外にも、傷害や殺人と言った他害行為、高齢者の場合は認知症のリスクを高めると言う報告もあります。しかし、睡眠薬による脱毛症の報告は見当たりません。

参考サイト:ウィキペディア元住吉こころみクリニック

 では何故、睡眠薬を服用すると抜けが多くなると言う話が出たのか?。原因としては、幾つか考えられることがあります。それは、

・睡眠不足
・ストレス
・睡眠以外の生活習慣
・病気

 です。

 

睡眠不足

 睡眠薬を服用するくらいですから、睡眠時間が不足しているはずですし、睡眠の質が低下していることでしょう。

 睡眠と髪の毛には密接な関係があり、睡眠時間が不足したり質が低下すると抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなったりと言った現象が起きることがあります。

 恐らく、睡眠不足が続いて、その影響が髪の毛に出始めるタイミングで丁度睡眠薬を服用し始めたのではないでしょうか?。そのため、まるで睡眠薬のせいで抜け毛が増えたように感じたのだと思われます。

 睡眠と髪の毛について詳しいことは、「女性の抜け毛や薄毛にとって睡眠不足は大敵」をご覧下さい。

 

ストレス

 睡眠薬が必要になると言うことは、何らかの睡眠障害が起きていると考えられます。そして、睡眠障害を起こす大きな理由がストレスです。

 ストレスは脳を興奮させて寝付きを悪くさせ、睡眠の質を悪化させることで十分な睡眠時間を取っているはずなのに疲れが取れない、熟睡感が無い等の状態を起こし、それが益々ストレスを強める悪循環を起こします。

 また、ストレスに対する反応として過食になったり、煙草やお酒など嗜好品の摂取量が増える事があります。これが髪の毛の育生に悪影響を与えます。

 そしてもう一つ、自律神経もストレスの影響を受けてバランスを崩すことがあるのですが、この自律神経も髪の毛と関わりが深いのです。

 睡眠薬の服用で眠れたとしても、ストレスへの対応ができなければ根本的な解決にはなりません。すると、次第に影響が髪の毛に現れ、「なんだか睡眠薬を飲むようになってから抜け毛が増えた」と感じるようになるとうわけです。

 ストレスと抜け毛について詳しいことは、「女性の抜け毛・薄毛とストレスの関係」をご覧下さい。

 

睡眠以外の生活習慣

 睡眠以外の生活習慣も重要です。例えば、睡眠薬を飲んで十分な睡眠が取れるようになったとしても、他の生活習慣が乱れていると抜け毛や薄毛を引き起こします。

 また、生活習慣が睡眠不足の原因になることもあります。よくあるパターンがシフト勤務、それも夜勤を含むシフト勤務で不規則な生活が続いて睡眠障害を起こすケースです。こうした不規則な生活は、自律神経のバランスを崩す原因にもなります。

 そして、もう一つ大切なのが食事。毎日の食事は健康にとって基本ですし、当然髪の毛にとっても同じです。偏った食事で必要な栄養が不足すれば、髪の毛の育生に悪影響が出て抜けやすくなったり、細くなったりします。

 どんな食事が良くないのか、詳しくは「抜け毛の原因は栄養不足?。抜け毛対策の食べ物と悪い食べ物」をご覧下さい。

 その他、ストレスの所でも書きましたが、煙草やお酒、コーヒー等の嗜好品。適量ならストレス解消の役に立ちますが、度が過ぎれば健康を害しますし、髪の毛にも悪影響があります。また、スマホの使いすぎが原因になることもあります。詳しいことは、

コーヒーを飲み過ぎると薄毛になる?、その理由とは
酒が原因?、女性の抜け毛・薄毛とアルコール
女性の抜け毛・薄毛はタバコのせいかもしれません
スマホの使いすぎで抜け毛・薄毛になる?、その理由とは

 をご覧下さい。

 こう言った生活習慣が、しかも複数あると、それだけ抜け毛や薄毛になる確率は高まります。

 

病気

 最後は病気です。頭皮が赤かったり、痛みを感じたり、強い痒みがあったり、皮脂の量が異常に多かったりする場合は何らかの皮膚病にかかっている可能性があります。一度皮膚科を受診してみて下さい。

 皮膚病以外で抜け毛を起こす病気としては、膠原病、甲状腺機能低下症、そして女性の場合卵巣の病気もあります。詳しいことは、「抜け毛は病気のせい?。特に女性に多いのは」をご覧下さい。

まとめ

・睡眠薬で抜け毛が増える可能性は低い

 抜け毛の原因は
 ・睡眠不足
 ・ストレス
 ・睡眠以外の生活習慣
 ・病気

管理人yuri 日本人は睡眠薬に対して抵抗感を持つ人が多いと言われますが、医師の指導を受けて用法用量を守れば心配することはありませんし、勿論抜け毛を起こしたりもしません。むしろ、睡眠薬を使わないことで睡眠障害が続いたり、睡眠時間が不足することの方が余程健康にも髪の毛にも良くありません。

 そして、抜け毛については睡眠薬よりも、ストレスや睡眠を含めた生活習慣に注意して下さい。

スポンサードリンク

 - その他