女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

仕事と私生活でボロボロ、睡眠薬を服用したら

   

 30歳で会社員をしています。私が睡眠薬を服用するようになったのは、25歳の時でした。その時期は結婚を控えていたパートナーがいたのですが、浮気が発覚し破局してしまいました。それに加え、仕事でもミスを連発したり、残業が続いたりと精神的にボロボロでした。

スポンサードリンク

 そんな毎日を過ごしているうちに、だんだん夜眠れなくなりました。ウトウトするのに寝付けない感じで、はじめは疲れすぎているのだろうと思っていましたが、何週間も続くとさすがに心配になりました。でも、その時は一人暮らしをしていたので、周りに相談をすることもできず一人で悩んでいました。

 睡眠不足が永くなるにつれ、頭の回転が鈍くなりました。日中も常にボーッとしており、職場の同僚からすごく心配されました。あまりよく眠れていないことを話すと、同僚は一度病院に行ってみた方がいいかもしれないと助言してくれました。

 その同僚には彼と破局したことを話していたので、きっとそのことが原因だと思ったのでしょう。

 しかし、そうなると受診する先は精神系になります。私はあまり精神科に良いイメージがなかったので、すごく行くのをしぶりました。そして、とりあえず内科に行こうと、近くの町医者を受診しました。

 医師に夜寝付けないことを話すと、少し疲れているのでしょうと言われ、軽い睡眠薬を処方されました。私としては、精神安定剤みたいな薬ではなかったのでホッとしました。

 睡眠薬は夜眠る前に2錠飲むのですが、生まれてこのかた睡眠薬を飲んだことが一度もなかったので、効き目は抜群でした。翌朝のアラームに気がつかないほど爆睡してしまい、睡眠薬の効果の高さを思い知らされました。

スポンサードリンク

 夜眠れるようになりホッとして今したが、数ヶ月するとやたら抜け毛が目立つようになりました。睡眠薬を服用して3~4ヶ月頃からだと思います。ドライヤーをした後や先発後などに大量の抜け毛を目にして背筋が凍る思いでした。直ぐに睡眠薬を処方された内科を受診し、抜け毛のことを説明すると睡眠薬からの抜け毛はあまり聞いたことがないと言われました。気になるようであれば服用を中止するか、半量にしてみたらどうかと言われました。

 その頃不眠症はだいぶ和らいでいたので、徐々に睡眠薬を減らしていくことにしました。そして、髪に良いと言われている亜鉛を積極的に摂取したり、運動をして体内の血流を良くするように心掛けました。

 最終的に睡眠薬の服用をしなくても良い状態になり、生活習慣を整えることで抜け毛は改善しました。

管理人yuri かなり辛い状況だったようですね。でも、抜け毛と睡眠薬は、実は関係がありません。睡眠薬を必要とする状況こそが、抜け毛の原因なんです。

 詳しくは、「睡眠薬の副作用で抜け毛が増える?」をご覧下さい。

スポンサードリンク

 - 30代