女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

10代の頃から猫っ毛に

      2018/11/04

 36歳の専業主婦です。猫っ毛になってしまった時は大体思春期の頃だったので、10歳の前後だったと思います。それまでは逆にかたい毛で直毛でそれが嫌だと思っていたくらいだったのですが、気が付いたら猫っ毛になってしまっていて驚いた記憶がいまだに残っています。

スポンサードリンク

 猫っ毛になって困っていることはたくさんあります。まず、それまでのイメージと変わってしまったことです。「あれ、なんか変わったね。」と言われるのですが、それがあまりよくない方向の言い方をされるのです。おそらく髪の毛にボリュームがなくなって、今までのハツラツとした印象からおとなしい印象に変わってしまったのだと思います。

 そのほかにも、全く思い通りに髪型がきまらなくなりました。毎朝、もう最悪でした。女子高だったので、ある程度オシャレに気をつかう年頃なのにもかかわらず、朝の決められた時間で髪型をセット出来ないのはとても苦痛でした。湿気が多い梅雨の時期なんかはボリュームはさらになくなるし、思い通りに決まらないし、学校に行きたくなくなるほどでした。それが理由で休日外に遊びに誘われても、いけない日があったほどです。

スポンサードリンク

 高校生の間はずっと苦しめられました。長年悩んだこともあって、対策を考え始めました。美容院に行っては、美容師のかたに何かしら勉強させてもらい、毎日コツコツと知識を積み重ねていきました。大学生になって、そろそろ彼氏が出来始めるというころ、今ここで猫っ毛のコンプレックスをなんどか打破しなければ!と思い、毎日毎日雑誌を読みあさりました。

 そして猫っ毛をコンプレックスではなく、長所にかえたのです。それは、その髪質にあった髪色にすること。洋服やファッション中心にするのではなく、髪の毛を中心に考え、私のこの今の髪の毛にあったファッションにすること。つまり、癒し系女子というものでした。柔らかい髪の色に変え、優しい色合いのファッションをしました。猫っ毛なので、髪の毛もパーマのようにくるくると巻けます。そこを強みにかえました。

 そうすると自然に性格も柔らかくなり、大学一年生は一番のモテ期だった気がしています。猫っ毛は最初は悲しくてなんだこれは・・と落ち込む日々でしたが、よく考えれば女性らしい髪質ではないでしょうか。芸能人のかたにもたくさんいるように、決して悲観するような髪質ではないと思います。髪質がかわったのをチャンスだと思った瞬間から私がかわれたので、今思えば本当に良かったです。

管理人yuri 猫っ毛になる原因は遺伝と生活習慣、そして老化だと言われています。遺伝だと仕方がありませんが、生活習慣なら対応のしようはあります。詳しいことは「猫っ毛の女性は薄毛やハゲになる?、改善するには」をご覧下さい。
スポンサードリンク

 - 30代