女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

試着室の鏡に映った頭の地肌が光って

   

 私は55歳のフォトジャーナリストです。私が自分の頭の地肌が光っているのに気づいたのは、もう1年くらい前のことになります。

 私はその日、白髪染めをしに美容院に行って、白髪染めをしてもらったのです。ですから、白髪がなくて、黒い髪の毛になっていたので、友達も綺麗に染まっているね、と言ってくれました。

スポンサードリンク

 友達と一緒にウィンドショッピングをしていて、服を試着してみることにしたのです。普段あまり入らない試着室だったのですが、パンツのサイズがわからなかったので、買う前には試着をしなければなりませんでした。それで、試着室にパンツを持って入り、履いていたパンツを脱いで、試着をしました。そして、鏡を見たのですが、自分の顔を見てびっくりしました。染めたばかりの頭のてっぺんが妙に光っているのです。白髪染めをしたばかりでしたので、頭皮はちょっと茶色っぽくなっていたのですが、茶光りしているというような感じで、もう試着どころの騒ぎではなくなってしまいました。

 頭のてっぺんの髪の毛がふんわりとしているので、その隙間があって、地肌が見えていたのです。頭のてっぺんが薄くなってきているとは思いましたが、これほど光るようになっているとは知りませんでした。

 それで、通販生活のスロワージュで見つけた、髪の毛のファンデーションを買って、塗るようにしました。バウダーファンデーションのようなもので、色はダークブラウンでちょうど自然な黒色の髪の毛になるのです。スポンジでその髪の毛のファンデーションを塗ると光っている地肌が目立たなくなるので、ごまかすにはちょうどいい感じです。

スポンサードリンク

 とにかくショックで、私の友達は皆、私よりも背が低いので、私の頭のてっぺんが光っていることには気づかないようでした。試着室のライティングがちょうど頭のてっぺんが光るような感じになっていたのかもしれませんが、薄毛には日頃から気がついていて、それを目の当たりにした、というような感じで、それからその店の試着室だけでなく、どこの試着室に入っても鏡を見るのが怖くなりました。

 頭のてっぺんがギラギラ光っているのに気づくのが嫌なのです。夏は帽子をかぶっていることが多かったので、それほど人目につかなかったのですが、これからはあまり帽子を被らなくなるので、人に見られると嫌だな、と思います。髪の毛のファンデーションを塗って、光っているところをマットな感じにするしかないと思います。

管理人yuri 55歳だと、確かに注意しなければいけない年齢ですね。年のせいと諦める方も多いのですけど、取れる対策は色々あります。

 詳しいことは、「更年期以降50代、60代、70代の女性でも育毛は出来ます」をご覧下さい。

 また、当面はウイッグで隠すという手もあります。

スポンサードリンク

 - 50代