女性の薄毛と抜け毛の悩み解決サイト

女性の薄毛と抜け毛の悩みを解決するためのブログです

抜け毛・薄毛が治らない、シャンプーや育毛剤が効かない理由

      2018/06/26

gk-20

 管理人のyuriです。私もそうですが、「抜け毛や薄毛が気になって、育毛剤と育毛シャンプーを買ったのに全然効果を実感できなかった」と言う経験がある女性は多いと思いのではないでしょうか?。

 何故抜け毛・薄毛が治らないのか?、育毛剤が効かない、育毛シャンプーが効かないのは何故なのか?。治る人と治らない人、効く人と効かない人とでは何が違うのでしょう?。

 勿論そこにはそれなりの理由がありますし、理由も1つではありません。”頭皮の問題”であったり、”生活習慣の問題”であったり、”使っている製品が合わない”事もありますし、時には抜け毛・薄毛の”原因が病気”の場合もあります。

スポンサードリンク

頭皮が傷んでいる

 頭皮に湿疹があったり、炎症やかぶれを起こしていたり、強い痒みや痛みがある場合、育毛剤と育毛シャンプーを使うと治るどころか、更に刺激を受けて症状が悪化します。まず皮膚科を受診して原因を突き止めて治療し、治癒した上で育毛剤と育毛シャンプーを使いましょう。場合によっては、頭皮の異常が治癒することで、抜け毛や薄毛も改善することもあります。

 育毛剤と育毛シャンプーを使うには、最低限頭皮環境が整っていることが必要です。

頭皮に合わない

 育毛剤にも育毛シャンプーにも、様々な成分が含まれます。人によっては、その成分が「合わない」事があります。

 合わない育毛剤と育毛シャンプーを使っても、薄毛・抜け毛は中々改善しませんし、それどころか使い続けることで頭皮を痛めてしまう事もあります。もし、育毛剤と育毛シャンプーを使用するようになって頭皮に湿疹や炎症、強い痒みや痛みが起きたら、使用を中止して皮膚科を受診して下さい。そして頭皮の異常が治ったら、別の製品を試してみましょう。

 特に、女性が男性用の育毛剤と育毛シャンプーを使っても、薄毛・抜け毛が改善する可能性は低いと言わざるを得ません。女性と男性とでは抜け毛・薄毛になるメカニズムが違います。中でも生理や出産など、女性特有の原因がありますので、育毛剤を使う場合も育毛シャンプーを使う場合も、女性用を使うことが大切です。

 また、6ヶ月以上使用して効果を実感できない場合も、使用する育毛剤と育毛シャンプーを変えてみましょう。

原因と合っていない

 抜け毛・薄毛の原因は様々です。それに対して育毛剤も

 ・ホルモンに注目したもの
 ・毛母細胞の活性化に注目したもの
 ・血行に注目したもの

 など、様々な種類があります。これら育毛剤の特徴が、抜け毛・薄毛の原因と合っていないと効果は発揮されません。

 この場合も、3ヶ月以上(出来れば6カ月間)使用して効果を実感できなかったら、違う育毛剤を試してみましょう。

生活習慣に問題がある

 生活習慣は抜け毛・薄毛に大きな影響を与えます。生活習慣が乱れたままでは、いくら育毛シャンプーと育毛剤を使っても、抜け毛・薄毛の改善効果は期待できません。以下の生活習慣に思い当たる所がある人は、まず生活習慣の改善に努めましょう。具体的には、

・食事
・睡眠
・喫煙
・飲酒
・ストレス

 です。
 

食事

 食事は全ての基本です。ダイエットや偏食で栄養が偏ったり、糖質や脂質の多い食事を続けていると、栄養不足を起こして髪の毛の育生に悪影響があります。

 髪の毛の主成分はケラチンと言うタンパク質の一種ですが、摂取したタンパク質からケラチンを合成したり、細胞分裂を促して髪の毛を成長させるためにはミネラルやビタミン類が必要です。

 また、糖質や脂質の多い食事は皮脂の過剰分泌を招き、毛穴詰まりの原因になりますし、代謝のためにビタミンB群を消費してしまいます。

 髪の毛の健康のためには、糖質や脂質の取り過ぎに注意して、タンパク質とビタミン、ミネラルをバランス良くとりましょう。栄養不足で髪の毛が成長できない状態では折角の育毛剤も、そして育毛シャンプーも効果は期待できません。

 食事について詳しいことは、「抜け毛の原因は栄養不足?。抜け毛対策の食べ物と悪い食べ物」をご覧下さい。
 

睡眠

 睡眠もとても重要です。睡眠時間が不足すると成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が減少し、髪の毛の成長が阻害されるのです。

 また、ホルモンバランスや自律神経の乱れによって皮脂の分泌が増えるのも髪の毛に良くありません。

 さらに、睡眠不足はそれ自体が大きなストレス源となって、髪の毛の成長に悪影響を与えます。

 1日6時間以上の、規則正しい睡眠をとるように心がけましょう。

 睡眠と抜け毛について詳しいことは、「女性の抜け毛や薄毛にとって睡眠不足は大敵」をご覧下さい。

スポンサードリンク

 

喫煙

 タバコが体に悪いことは言うまでもありません。そして、体に悪いことは髪の毛にも悪いのです。

 タバコの害は、まず栄養分の破壊です。タバコに含まれる様々な有害物質によって、ビタミンCやミタミンBが失われてしまいます。

 次にホルモン。タバコを吸うことで男性ホルモンの分泌が増え、逆に女性ホルモンは減少し、ホルモンバランスが乱れます。

 更に血管の収縮により血行が悪化、一酸化炭素がヘモグロビンと結びついて酸素運搬能力が低下して酸欠を起こします。

 つまり、タバコは必要な栄養素を破壊し、ホルモンバランスを乱して血行も悪化させる。百害あって一利無し、是非禁煙を。

 煙草と抜け毛について詳しいことは、「女性の抜け毛・薄毛はタバコのせいかもしれません」をご覧下さい。
 

飲酒

 喫煙の次は飲酒です。アルコールは適量であればそれほど問題になりませんが、過度な飲酒は体に大きな負担をかけます。

 アルコールは肝臓で分解されるとき、髪の毛の材料となるアミノ酸やビタミンB群を消費します。アミノ酸が不足すれば材料不足となり、髪の毛の成長に悪影響があります。ビタミンB群が不足すれば糖質や脂質を代謝できず、これが皮脂を増加させ、毛穴詰まりを起こす要因になります。

 そして、アルコールの分解物であるアセドアルデヒドは、髪の毛の成長を抑制するDHTと言う男性ホルモンを増加させます。

 また、就寝前に飲酒すると睡眠の質を悪化させてしまいます。

 お酒は適量ならストレス解消にも役立ちますが、過度な飲酒は健康を損ね、抜け毛・薄毛の原因になります。

 お酒と抜け毛について詳しくは、「酒が原因?、女性の抜け毛・薄毛とアルコール」をご覧下さい。
 

ストレス

 最後がストレス。ストレスを受けると女性ホルモンが減少し、逆に男性ホルモンが増加、ホルモンバランスが乱れます。

 また、人体はストレスを受けると、これに対抗するため様々な栄養素を消費し、栄養不足を起こします。

 そしてストレスを発散するため過食になったり、煙草やお酒、カフェインの摂取量が増える事で益々栄養不足を起こし、抜け毛・薄毛の原因になります。

 さらにストレスによって睡眠の質が悪化したり、不眠症になることもあります。すると、眠れないことがストレス源になって・・・、と言う悪循環に陥ります。

 現代社会でストレスを受けない、と言うことはあり得ませんので、普段から規則正しい生活習慣でストレスに備え、自分なりのストレス解消法を用意しておきましょう。

 ストレスと抜け毛について詳しくは、「女性の抜け毛・薄毛とストレスの関係」をご覧下さい。

使用期間が短い

 2~3週間使って効果が実感できないからと使用をやめてしまったり、別の製品に切り替えたりしていると、中々効果を発揮しません。

 こう言う製品は、個人差もありますが、効果を確認するのに最低でも3ヶ月程度、出来れば半年使用して効果を確認する必要があります。

 一度決めたら、頭皮に異常が出るなどしない限り、3ヶ月以上は使ってみましょう。

円形脱毛症

 同じ脱毛症でも、円形脱毛症は原因が根本的に異なり、育毛剤と育毛シャンプーでは治りません。円形脱毛症について詳しいことは、「円形脱毛症の原因と症状、病院。育毛シャンプーは効果ある?」をご覧下さい。

病気

 抜け毛の原因が病気である場合があります。この場合も、原因となる病気を治さないと、育毛剤と育毛シャンプーでは治りません。

 抜け毛を引き起こす病気で代表的なのは

 ・卵巣の病気
 ・膠原病
 ・甲状腺機能低下症
 ・貧血
 ・梅毒

 等です。抜け毛と病気について詳しいことは、「抜け毛は病気のせい?。特に女性に多いのは」をご覧下さい。

まとめ

育毛シャンプーと育毛剤が効かないとき、考えられる原因は

・頭皮が傷んでいる
・製品が頭皮に合わない
・製品の特徴が合っていない
・生活習慣が乱れている
・製品の使用期間が短すぎる
・円形脱毛症
・病気

で、育毛剤と育毛シャンプーの効果を発揮させるためには

・最低限頭皮環境を整える
・生活習慣の改善
・病気を治す

事が必要です。そして、1つの製品を最低3ヶ月以上使い、合わなかったり効果がなければ変えましょう

管理人yuri 育毛剤や育毛シャンプーは、抜け毛・薄毛対策の最後の仕上げ。これさえ使っていれば大丈夫、と言う物ではありません。生活習慣の改善+ヘアケアが基本です。
スポンサードリンク

 - シャンプーについて, 育毛剤 ,